白米より美味しい!雑穀米で美味しくチャーハンを作る方法

白米より美味しい!雑穀米で美味しくチャーハンを作る方法




美容や健康のためにご飯を雑穀に変えている人も
たくさんいることでしょう。

しかし、この雑穀米。

冷めると固くなってしまうのが難点。

普通の白米であれば、冷めても温めなおしたり、
チャーハンやお茶漬けで食べることができます。

しかし雑穀米のばあいはどうしたらよいか、
悩んでしまうことがあります。

雑穀米の風味を生かす最高の調味料の組み合わせとは



雑穀米で炊いたご飯は、温かいうちであれば、
そのまま食べるのがおススメです。

さまざまな穀物の異なる歯ごたえや味わいで
美味しく食べられるからです。

食感も雑穀のプチプチした食感から
お米のもちもちした甘み、さまざまな味の
相乗効果で美味しくなっているのです。

そのため、雑穀米を食べる時は、おかずも
うす味のものを選んでいる人も多いかもしれません。

せっかくの雑穀ご飯の味わいをけしてしまわない、
そんなおかずとの組み合わせがおススメです。

長時間の保温しても雑穀ご飯の味を劣化させない秘訣



また、雑穀ご飯の弱点として、長時間の保温に
弱い、というのがあります。

もちろん、通常の白米であっても長時間の保温は
味を落とす原因になります。

しかし、雑穀米の場合は、白米以上に
保温による味の劣化が著しいのです。

そのため、一度炊飯したものはすぐに食べてしまうか、
保温を切っておいたり、場合によっては冷凍する、などの
工夫が必要です。

雑穀ご飯を長い間炊飯器に入れたままにしておくと
どうなるでしょうか。

雑穀は米よりも水分が少なく、乾燥しやすいため、
そこからぱさぱさになって味が落ちやすいのです。

健康にいいだけでなく、美味しいのが
雑穀ご飯の魅力。

しかし、長時間炊飯器に入れたままにしておくことで、
まずいご飯になってしまうのです。

これでは、わざわざ入れた意味がまったくありません。

残った雑穀ご飯の美味しいおススメリメイク方法は?



とはいえ、いつも温めなおした雑穀ご飯ばかり食べていては、
あきてしまいます。

毎日食べたい雑穀ご飯だからこそ、
楽しみたい。

そんな人におススメなのは、雑穀米茶漬け!

雑穀ご飯の優しい甘みを十分に感じることができます。

ポイントは、雑穀ご飯を炊飯したら、
一度保温を切ってしまうこと。

その上で、必要があれば冷凍したり、
冷蔵庫に保管しておきます。

それを食べる際にレンジで温めてお茶漬けに。

美味しい雑穀ご飯の味が蘇るでしょう。


美容と健康に大人気!


五穀米の雑穀、発芽米に関する記事です。