人気は玄米?!低インシュリンダイエット食材ランキング

話題の黒米は毎日のご飯に取り入れるとどんな効果がある?


白米に混ぜて炊くと、キレイな紫色になる黒米。

 

最近では、雑穀米などにもブレンドされています。

 

黒米は、健康ブームの高まりもあり、
人気のお米。

 

しかし、実際にどんな栄養素が含まれているのか。

 

よく知らない人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、黒米の本当のパワーを知り、
より効果的な食べ方を提案します。

 

黒米に特徴てきな栄養素、それはアントシアニン?!

 

黒米に含まれる栄養素のうち、
一番効果的なのは、アントシアニンです。

 

アントシアニンは、ブルーベリーや
黒豆などにも含まれる、黒い色の栄養素。

 

抗酸化作用があり、アンエイジングに
最適な成分です。

 

また、目に優しい栄養素としても
有名ですね。

 

ブルーベリーは目にいいと言われますが、
それは、このアントシアニンが
含まれているため。

 

黒米も視力の回復や、目の疲労回復などに
効果的な食べ物なのです。

 

お米なのにタンパク質たっぷり!?その秘密とは

 

黒米には、なんと、穀物には珍しく
タンパク質もたっぷり含まれています。

 

その量は、白米にくらべてなんと1.5倍!

 

普通にご飯を食べているだけで、
タンパク質が摂取できるのです。

 

タンパク質は、私たちの血や肉の
元となる大切な栄養素。

 

普段の食事で摂取できるのは
とてもうれしいですね。

 

美容の味方!ビタミンB群もたっぷりの秘密とは

 

また、黒米には、ビタミンB群も
たっぷり含まれています。

 

ビタミンBにはさまざまな種類があります。

 

ビタミンB1には、糖質の代謝を促す働き、
ビタミンB2には代謝を促進する働き。

 

つまり、ビタミンB1は食事などで
食べた炭水化物などを分解する
手助けをしてくれます。

 

この代謝を促す作用により、
私たちの身体には、脂肪が付きにくくなります。

 

そのため、肥満などに悩む人には
効果的な栄養素です。

 

一方、ビタミンB2の働きも
見逃せません。

 

ビタミンB2が効果的なのは
脂肪の燃焼について。

 

ビタミンB1は、
炭水化物の消化に効果を発揮します。

 

加えて、ビタミンB2の働きで
脂肪などが燃焼されることで、
ダイエットを成功させることが出来るのです。

 

話題のビタミン、ナイアシンの働きって!?

 

加えて注目したのが、ナイアシン。

 

このナイアイシンも、ビタミンBの一種です。

 

ナイアシンは、コレステロールの
排出を促します。

 

コレステロールは、体内に蓄積すると、
心筋梗塞や、脳梗塞など、
血栓の原因になり得ます。

 

これらの病気は突然発症し、
そのままなくなってしまうこともある
恐ろしい病気。

 

普段の生活がその発症に大きく関わってきます。

 

そのため、日常的に、健康に気を付けた
生活をしておかなければなりません。

 

 

 

美容とダイエットに大人気!