人気は玄米?!低インシュリンダイエット食材ランキング

発芽玄米VS雑穀米!食べるべき8つの雑穀はこれ!

 

健康のために雑穀米や発芽玄米を取り入れよう!

 

そう思っても、どれから購入するのが良いか
わからない。

 

しかも、発芽玄米、押し麦、雑穀米…
売り場にはたくさんの商品が並んでいます。

 

しかし、これらの商品。

 

物によっては、合う、合わないものも…?

 

あなたに一番ピッタリの商品はどれか。

 

考えてみましょう!

 

1、スーパーフード、アマランサス!その驚くべき栄養価

 

雑穀の中でも人気の穀物が、アマランサス。

 

アマランサスは、古代から南米のペルーや
ボリビアなどで栽培されてきました。

 

アマランサスの特徴は、食物繊維だけでなく、
ビタミンやミネラルなどが
たっぷり含まれていること。

 

スーパーフードの名に恥じない、
栄養バランスのとれた素晴らしい雑穀です。

 

2、ひえを甘く見るべからず!日本古来の雑穀の魅力

 

私たち日本人に、古くから親しまれているひえ。

 

ひえも、私たちに嬉しい栄養素が
たっぷりです。

 

まず、食物繊維が豊富。

 

それだけでなく、含まれている豊富なミネラルは
私たちの身体の調子を整えてくれます。

 

また、タンパクな味わいも特徴。

 

食感はホクホクし、白身魚のように上品な
食べ心地です。

 

3、あわに含まれる栄養素は美肌効果抜群のビタミンB!?

 

あわも私たちになじみ深い穀物です。

 

ホクホクしてあっさりとしたひえに比べ、
とろりとした粘り気があり、
雑穀米全体の食感をよくします。

 

またあわが持つ栄養素も魅力的。

 

食物繊維だけでなく、ミネラル、
各種ビタミンBが豊富にふくまれています。

 

薄茶色の色も美味しさを演出しますね。

 

4、はとむぎに美肌効果!?直接食べるメリットとは

 

はと麦茶などでなじみぶかいはと麦。

 

煮出して健康茶にするのもよいですが、
直接食べるメリットもあります。

 

雑穀の中でも歯ごたえがあり、
昔から日本でも薬膳として、その健康効果が
認められてきたのです。

 

5、押し麦の正体は?人気の雑穀には●●が白米の3倍!?

 

押し麦とは、大麦を蒸してからプレスしたもの。

 

食べやすく、食物繊維が豊富です、

 

それだけでなく、押し麦には、
なんと白米の3倍以上の
カルシウムが含まれています。

 

カルシウムは吸収率の悪い栄養素として有名。

 

気を付けて摂取することが必要です。

 

6、たかきびには希少栄養素がいっぱい!?

 

そのまま食べる機会の少ないのがたかきび。

 

たかきびには、普段の生活では
摂ることが難しい栄養素が多く含まれています。

 

嬉しいのがタンパク質に加えて
カリウムが含まれていること。

 

カリウムは、塩分摂取量の多い人にとって
とても大切な栄養素。

 

積極的にとる必要があります。

 

7、黒米にはアントシアニンが豊富!アンチイジングの味方

 

黒米は紫米とも呼ばれています。

 

古くから日本で珍重されてきたお米の一種。

 

この黒米には、抗酸化成分である
アントシアニンがたっぷり含まれています。

 

美容や健康のために、アンエイジングを
始めた人にとっては、最適の穀物です。

 

8、赤米にはポリフェノール!うれしい抗酸化パワーの正体

 

赤米も黒米と同じく日本に古来からある穀物。

 

こちらの赤米には、ポリフェノールが
含まれています。

 

ポリフェノールも、エイジングケアには
最適な栄養素。

 

普段の生活で積極的に取り入れたい穀物です。

 

 

美容とダイエットに大人気!